小型犬のケージおすすめ

小型犬

今回はケージについてじゃ。どんなケージがいいかしっかり学ぶんじゃ。

博士ちゃんとケージって言ってるわ。

あたりまえじゃ。ケージは英語でcageじゃ。檻とかカゴとかの意じゃ。ゲージはまったく意味が違うものじゃ。

はじめて博士を尊敬したかも?

小型犬を家族として迎え入れたときに様々なものを揃える必要がありますが、その中でもケージはとても重要なものです。

そこで今回は小型犬のケージについてご説明していきます。

小型犬にケージが必要な理由

小型犬おすわり

そもそも、室内で飼っているのにケージが必要なの?と思う方もいることでしょう。

またケージやサークルは犬を閉じ込めるような感覚を持ってしまいかわいそうだと思う方もいるようです。

ですが犬にとってケージは必要だと言えます。ではなぜ室内で飼う小型犬にケージが必要なのでしょうか。

ケージが必要な理由その1★犬にとって落ち着ける場所

落ち着く犬

まず一番は、犬にとって落ち着ける場所を作ってあげることが大切だからです。

人は狭いところに犬を閉じ込めるとかわいそうだと思うかもしれません。ですが、犬は広すぎる場所では落ち着かないという性質を持っています。

雷がなったときや大きな音がしたとき、いたずらをして叱られたときなど、犬が狭い場所に隠れている姿を見たことがありませんか?

犬は外敵から自分の身を守るため、狭い場所に隠れるという本能を持っているのです。

どれほど飼い主を信頼していても、依存度の高い犬であっても、自分だけの安心できる場所は必要だと言えるでしょう。

ケージが必要な理由その2★犬の安全の確保

お留守番

次に、犬自身の安全を確保するためにもケージは必要です。

いくら愛犬がかわいくても四六時中家にいることは難しいもの。仕事や買い物にだって出掛けますよね。その際に心配なのが犬の安全です。

愛犬を家の中でフリーにしておくと、何を噛んだり食べたりしてしまうか分かりません。

普段はそんなことしないいい子だからと安心しすぎるのは危険です。犬は一人になると思いもよらないいたずらをすることがあります。

お留守番に慣れてない犬の場合は特にケージに入れて出掛け、誤食などから犬の安全を守りましょう。

ケージが必要な理由その3★めりはりをつける

犬は昔から群れで生活をしてきた動物です。

愛犬がかわいいからと言って、人と同じ食べ物を与え、人と同じベッドで眠るなど、人同様に扱っていると、犬は自分の方が偉いと勘違いをしてしまい言うことを聞かなくなることがあるでしょう。

また犬には縄張り意識というものもあります。

家で常にフリーにしておくということは、家全体が自分の縄張りだと教えることです。そうなると犬は自分の縄張りを守ろうと、訪問者やチャイムの音などで良く吠える犬になるケースもあります。

そういったことを防ぐためにも、ケージに入れている時間遊ぶ時間を分けてめりはりをつけることも大切です。

人が食事の時間、出掛ける時間、寝る時間などはケージに入れると時間を決めておくと良いかもしれませんね。

小型犬をケージに入れるときの注意点

ヨークシャー・テリア

犬にとってケージは必要だと言いましたが、いくつか気を付けないとケージに入ることをすごく嫌がる犬になってしまいます。

犬をケージに入れるときに注意したい点をご紹介します。

小型犬をケージに入れるときの注意点その1★ずっと閉じ込めない

ケージで飼うことにしたからといって、犬を四六時中ケージに閉じ込めておくことは絶対にやめましょう。いくら安心する場所だとしても閉じ込めてしまっては犬もストレスが溜まります。

遊んであげる時間、散歩に行く時間など、必ずコミュニケーションをとり、自由にさせてあげる時間も必要です。

小型犬をケージに入れるときの注意点その2★嫌いな子には練習を

ケージに入るのが嫌いな犬もいます。運動量の多い犬や遊び好きな犬は狭いとストレスを受けます。

また、飼い主さんへの依存心が強い犬は分離不安を起こすなど、ケージに入れると嫌がる理由は様々。

ケージが嫌いな犬を無理やり押し込むと、さらにケージ嫌いに。まずは扉を閉めずに、上手には入れたらおやつをあげるなど少しずつ慣らして練習していきましょう。

小型犬に必要なケージのサイズ

ミニチュアダックスフンドお手入れ

では小型犬にはどれくらいのケージの大きさが必要なのでしょうか。先程もお伝えしたように、広ければ良いというものでもありません。

広すぎると犬は落ち着かないのです。だからといって狭すぎるのも窮屈です。

犬の性格などにもよりますが、一般的には犬が伏せをしても足が出ず窮屈でない奥行が良いでしょう。立ち上がってクルっと回るときにお尻などが当たらない余裕も必要です。

横幅は、寝床とペットシートを置いてもスペースに余裕があるくらいが良いですね。

トイレと寝床が近すぎるのはNG。区別がつきにくいと犬はストレスを感じてしまいます。ケージの中でトイレを覚えてくれて、快適に過ごすためには多少の余裕が必要です。

小型犬のケージ選びのポイントを紹介

最後にケージ選びのポイントについてご紹介しましょう。

ケージ選びのポイントその1★適切な広さ・サイズ

まずは何と言っても広さです。適切な広さでなければ犬はストレスを感じてしまいます。

上記を参考に、愛犬にとってよいサイズのケージを選んであげましょう。ケージ内でトイレと寝床が別れているようなものも良いですね。

【エントリーでP3倍+全品P2倍】ペットケージ すのこ付き Mサイズ 59.5cm×41.7cm×高さ52.5cm ブラック 折りたたみ式 スチール製 ペットケージ ケイジ 小型犬 中型犬 送料無料 ペットに清潔な住まい プチリュバン
created by Rinker

ケージ選びのポイントその2★天井があるもの

ケージの他にサークルと呼ばれるものがあります。これは天井がなく外の枠だけを囲んだもののこと。

トイ・プードルなど犬種によってはかなりジャンプ力のある犬もいます。飛び越えてしまうようでは意味がありませんし、飛び越えようとしたときにケガをする可能性も高いです。

できれば天井のあるケージタイプを選びましょう。

インテリアサークル WOODY M オークブラウン 天井ネット付き ペットサークル ペットケージ 犬 犬小屋 サークル ケージ ハウス コーナン
created by Rinker

ケージ選びのポイントその3★引き戸タイプ

ケージには引き戸タイプのものと開き戸タイプのものがあります。どちらかというと引き戸タイプのものの方が開けっ放しにしておくことができ、愛犬が自由に出入りできるので便利です。

ペットケージ 小型犬 犬用 ケージ ワンケージ Lサイズ 幅105cm ペット用ゲージ 木製ケージ サークル ウッド【送料無料】
created by Rinker

ケージ選びのポイントその4★成長したときのサイズを考える

子犬を迎えたときにそのサイズに合わせてケージを選ぶと、のちのち成長したときに買い換えないといけなくなります。ある程度成長した大きさの予想をつけて、ケージを選ぶことも大切。

子犬の間小さい体にケージが広すぎるときには、中にクレートや周囲を囲まれたペットベッドなどを入れてあげて、愛犬が落ち着けるスペースを作る工夫をしてあげてください。

小型犬のケージはトイレ別?

小型犬のケージはトイレのスペースとくつろぐスペースの間に仕切りが付いているタイプがおすすめです。

犬もトイレは場所が決まっていた方が安心します。ケージの中にトイレがあることでケージの中で留守番するのに慣れることができます。

トイレをする場所、また留守番に慣れるというしつけを行うことができます。

小型犬のおすすめケージを紹介

トイレのしつけができる仕切りドア付きの2ルームサークル。屋根付き。

アドメイト ヴィラフォートサークル 2ルーム コンパクトタイプ【超小型犬〜小型犬用/サークル・ケージ/ゲージ/Circle・Cage】【アドメイト・ADD.MATE】【ヴィラフォート 2ルームパピーサークル】【あす楽対応】【送料無料】 同梱不可
created by Rinker

トイレ別にして仕切ることが可能なケージ。右、左のどちらにでもトイレを設置できるため場所に困らないタイプ。シンプルなデザインでお部屋にマッチすると思います。

トイレルーム付おやすみケージLL ブラウン [木製 犬 ケージ ペット サークル 室内犬 ゲージ サ−クル dog Circle・Cage ]
created by Rinker

小型犬のケージのまとめ

室内飼いの小型犬にとってもケージは大切です。愛犬が家の中で落ち着いて暮らせるためにも、しつけのためにも、ぴったりのケージを見つけて快適に過ごさせてあげてくださいね。

ケージ選びは留守番の多い犬ちゃんにはとても大切だわ。

そうじゃな。長い時間過ごす場所じゃ。ちゃんと考えて選ぶことが大切じゃな。

いろんなタイプのケージがあるので勉強になったわ。