犬用サプリメントの種類。成分や期待できる効果、症状を紹介

サプリ

こんにちは。動物看護師のチョコです。ご訪問ありがとうございます。

今回は「犬用サプリメントの種類。成分や期待できる効果、症状を紹介」についてじゃ。しっかり学んでいっとくれ。

最近では数多くの犬用サプリメントが販売されていて、選ぶ際に悩んでしまう飼い主さんもいます。

今回はサプリメント選びで悩んでいる飼い主さんのために、サプリメントの成分や効果、選び方など幅広くご紹介致しますので是非ご活用ください。

関節に効くサプリメント

関節に効く犬用サプリメントは、関節痛軽減と関節軟骨の形成を補助するためのものがあります。

成分グルコサミン・コンドロイチン硫酸・オメガ3脂肪酸
効果グルコサミン・コンドロイチン・・・関節痛緩和や軟骨形成の強化。
オメガ3脂肪酸(DHA、EPA、aリノレン酸など)・・・関節の痛み軽減や腫れの緩和、抗炎症作用
症状膝蓋骨脱臼や股関節形成不全、椎間板ヘルニアを抱えた犬・老衰による関節炎を発症している犬・老化による関節疾患予防を目的とした犬など
選び方グルコサミンとコンドロイチンは一緒に摂取することによって相乗効果が期待できるため、両方の成分がバランスよく配合されたサプリメントを選ぶと良いでしょう。
グルコサミンが入っているものは、多くが蟹やエビなどの甲殻類(キチンと呼ばれる成分)を使用しているため甲殻類アレルギーに注意しましょう。また関節痛が激しい犬の場合、オメガ3脂肪酸が一緒に摂れるサプリメントが効果的です。

涙やけに効くサプリメント

涙やけに効くサプリメントは、その根本的な原因によって補う成分が異なるので注意しましょう。

成分アントシアニン・ビタミンC・ルティン・アスタキサンチン・酵素(麹菌)
効果アントシアニン・・・全般的な目の健康維持に役立つ
ビタミンC・・・免疫力向上に役立ち体の内部を健康にすることで目のトラブルを改善
ルティン・アスタキサンチン・・・抗酸化作用で目の炎症緩和
酵素(麹菌)・・・添加物分解によりドロドロした涙の質を改善
症状流涙症の犬・鼻涙管が詰まりやすい犬・生まれつき涙点部分が浅い犬種・老化による涙やけ予防を目的とした犬など
選び方涙やけサプリメントは動物病院で原因を突き止めてから選ぶと良いでしょう。免疫力低下に伴う涙やけや腸内環境の乱れによる涙やけなど、一言で涙やけといっても原因は様々です。涙やけのサプリメントを選ぶ際は「目の健康維持全般に役立つ成分(アントシアニン)+涙やけの原因治療に役立つ成分」が含まれた商品を選ぶと良いでしょう。

腸に効くサプリメント

犬の免疫細胞の約6~7割程度が腸に集中しているため、腸内環境の健康維持に役立つサプリメントを利用することは、消化器系症状の緩和のみならず免疫力向上、涙やけ改善、アレルギー症状緩和など多くの効果が期待できます。

成分ビフィズス菌・フェカリス菌・有胞子性乳酸菌・フラクトオリゴ糖・不溶性繊維・水溶性繊維・酵素
効果ビフィズス菌・・・腸内のpHを酸性に導くことで悪玉菌を制御
フェカリス菌・・・ビフィズス菌を増やすために役立つ
有胞子性乳酸菌・・・善玉菌が増殖しやすい腸内環境を整える
フラクトオリゴ糖・・・善玉菌の餌になり善玉菌の働きを助ける
不溶性食物繊維・・・腸の蠕動運動を盛んにすることで便秘改善
水溶性食物繊維・・・乳酸菌の増殖を促進することにより腸内環境を改善
酵素・・・食物の消化吸収や分解を助ける
症状下痢や便秘など消化器系症状がある犬・免疫力が低下している犬・涙やけが生じている犬・アレルギー体質の犬など
選び方腸内の健康を目的としたサプリメントの場合、相乗効果が期待できる成分が多いので様々な成分がバランスよく配合されているものを選ぶと良いでしょう。例えば、「ビフィズス菌+フラクトオリゴ糖=腸管免疫に効果的」や「不溶性繊維+水溶性繊維=腸内通過時間を適切にする」などが挙げられます。

毛ヅヤに効くサプリメント

犬の毛ヅヤに効果的であると考えられているサプリメントは、主に皮膚や被毛に不足した脂質をケアすることを目的として作られています。

成分オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)・オメガ6脂肪酸・ケラチン・ミレットエキス
効果オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)・・・毛ヅヤの原因となる皮膚炎の緩和
オメガ6脂肪酸・・・皮膚バリア機能を補う角質保護に役立つ
ミレットエキス・・・シスチン、ロイシン、ケイ素などの成分で毛ヅヤや毛並み改善
症状毛ヅヤや毛並みが悪い犬・皮膚炎を発症している犬など
選び方必須脂肪酸が含まれるサプリメントを選ぶときは、オメガ3とオメガ6がバランスよく配合されているものを選ぶと良いでしょう。理想的な比率が「オメガ3(5~10)に対してオメガ6(1)」程度と考えられています。
また必須脂肪酸は酸化しやすいため、低温での抽出など製造方法についても調べてから選ぶことをおすすめします。

デンタルケアに効くサプリメント

デンタルケアに効くサプリメントは、殺菌や抗菌によって口腔内の健康を維持するものと、腸の健康維持によって口臭予防や口臭改善をするものがあります。

成分プロポリス・シソ・水溶性食物繊維・ポリグルタミン酸Na
効果プロポリス・シソ・・・殺菌効果や抗菌効果で口腔内の細菌を制御
水溶性食物繊維・・・腸の健康状態悪化による口臭を改善
ポリグルタミン酸Na・・・唾液の分泌促進に役立ち口腔内の細菌増殖を抑える
症状歯周病や歯肉炎などの口腔内の病気発症中の犬・病気や老化に伴う口臭改善、予防を目的とした犬など
選び方口臭の原因は口腔内が不衛生であること、または胃腸の健康状態が悪いことから生じます。下痢や便秘などの消化器系症状を併発している場合は、「胃腸の健康維持全般に役立つ成分+抗菌成分」が含まれた商品を選ぶと良いでしょう。

免疫力向上に効くサプリメント

犬も人間同様に免疫力低下は様々な病気リスクを高める原因になります。健康な犬では感染しない細菌や感染症に感染するリスクも高まるので、免疫力向上に役立つサプリメントを利用すると体全体の健康維持に役立ちます。

成分アガリクス・ハナビラタケ・有胞子性乳酸菌(プロバイオティクス)
効果 アガリクス・ハナビラタケ・・・βグルカンが豊富で免疫力を高める
有胞子性乳酸菌(プロバイオティクス)・・・腸内環境を整えて免疫力を高める
症状元気がない犬、病気を発症している犬、老犬、疲れている犬など
選び方犬の免疫力を高めるには腸内環境の健康維持が重要であるため、「胃腸の健康維持全般に役立つ成分+免疫に直接働きかける成分(βグルカン)」が含まれた商品を選ぶと良いでしょう。

老化予防に効くサプリメント

犬の老化現象は、関節や被毛、目や口腔内に現れやすいので、何を一番重要視するのかをまず考えてからサプリメントを選ぶと選択肢を狭めることができます。

成分イオン水素・ヒアルロン酸・オメガ3脂肪酸(EPA・DHA)・コエンザイムQ10・グルコサミン・コンドロイチン
効果イオン水素・・・体内の細胞を効率よく働かせて体全体の老化予防に役立つ
ヒアルロン酸・・・毛並み改善に役立つ
オメガ3脂肪酸(EPA・DHA)・・・毛並み改善と関節痛の緩和に役立つ
コエンザイムQ10・・・体内の活性酸素除去に役立つ
グルコサミン・コンドロイチン・・・関節の痛み緩和や軟骨形成の強化に役立つ
アントシアニン・・・全般的な目の健康維持に役立つ
症状老衰している犬、老化予防したい犬など
選び方老化予防のためには免疫力を高める必要があるので、「胃腸の健康維持全般に役立つ成分+老化で特に重要視するもの(関節であればグルコサミンやコンドロイチンなど)」が含まれた商品を選ぶと良いでしょう。

犬のサプリのまとめ

今回は犬用サプリメントの種類、成分、効果、症状、選び方の紹介をしました。愛犬の症状や状態に合わせて上手に活用することで犬の健康維持や病気予防に役立てることができます。

最近ではサプリメントによく含まれている成分がドッグフードに添加されていることがあるので、与えているドッグフードの成分を確認してから愛犬の状況に合ったサプリメントを選んであげましょう。

また、ドッグフードにサプリの成分が含まれているものもあるので、そのようなドッグフードを選択するのも良いかもしれません。