マルチーズの授業をはじめるぞい!「特徴・性格・飼いやすさ・しつけ・病気」

マルチーズ

今回はマルチーズについて紹介してみるぞ。

マルチーズはトップ10入りする人気の子よ。

その通り。マルチーズは犬種じゃ!

え?いきなり何?誰もチーズとは思ってないわ。気持ち悪い。

最近、ギャグに対して厳しいのじゃ。

長く白い被毛が特徴のマルチーズ。超小型犬として根強い人気があります。そこで今回はマルチーズの特徴や性格、しつけについてご紹介したいと思います。

マルチーズの特徴

マルチーズ特徴

真っ白な毛に丸いアーモンド形の目、小さめなサイズが愛らしいマルチーズ。愛玩犬として人気の犬種です。

近年ではミックス犬ブームも起こり、マルチーズと他の純血種とを掛け合わせた犬も非常に人気が出ています。

歴史

マルチーズは紀元前1500年頃に、地中海に浮かぶマルタ島へフェニキア人が持ち込んだ愛玩犬が祖先だとされています。「マルチーズ」の名前の由来もこの島の名前からです。

19世紀にイギリスのヴィクトリア女王がマルタ島からこのマルチーズを取り寄せたことが一般市民の耳にも入り、人気の出た犬種です。

日本においては、1968年から1984年まで登録犬数トップを誇っていました。現在でも、根強い人気のある犬種と言えるでしょう。

被毛

真っ白な長い被毛に覆われているのが最大の特徴です。この被毛は床につくほどまで伸び、体の両側に垂れ下がります。

毛色は純白を理想としていますが、淡いタンやレモンと呼ばれるカラーが部分的に出る犬もいます。長毛犬種のため、様々なカットが楽しめる犬種です。

家庭で飼われているマルチーズは手入れのしやすさから、サマーカットと呼ばれるデザインにカットされていることが多いですね。

毛は長いですが、シングルコートといって下毛がなく、抜け毛が少ないのでお掃除なども楽でしょう。ですが、細く絹のような被毛をして絡まりやすいので、お手入れはこまめに行う必要があります。

サイズ

オスもメスも体重は3.2kg以下で、2.5kgが理想とされている超小型犬です。

マルチーズの性格

マルチーズ性格

現在では愛玩犬とされている犬種にも、元は狩猟犬であった犬は多いもの。ですがマルチーズは元々が愛玩犬ですので、性格は非常に大人しく落ち着きがあります。また、人懐っこく甘えん坊で良いパートナーとなってくれるでしょう。

一方で、活発な一面も持っていて、遊ぶことが大好き。飼い主さんとコミュニケーションを取る時間にとても喜びを感じます。

小型犬ならではの警戒心の強さも多少は持ち合わせていますが、吠え続けたり威嚇したりといった行為は比較的少ないので飼いやすい性格をしていると言えるでしょう。

ですが、愛情深い犬種ですので、子犬のうちにある程度しつけをしておかなければ依存症の高い犬になったり、よく吠える犬になったりしてしまうこともあります。

大人しく甘えん坊かと思えば、活発に動き回るなど、二面性を持ち合わせているのもマルチーズの魅力ではないでしょうか。

マルチーズを飼うのに向いている人

マルチーズを飼うのに向いている人

時間を取れる人

マルチーズは、飼い主さんと遊んだり甘えたりするのが大好きな犬種です。そのため愛犬とコミュニケーションを取る時間をしっかり確保できる人が向いているでしょう。

また、長毛犬種ですので、被毛の手入れも欠かせません。毎日ブラッシングしてあげたり、こまめにシャンプーをしてあげられるような時間にゆとりのある人に向いています。

初心者でも飼いやすい

先程お伝えしたように、マルチーズは非常に穏やかな性格をしており、従順で愛情深いので初心者でも飼いやすい犬種です。体が小さく、運動量も少なくて良いため、散歩の時間も短くて済みます。

マルチーズのしつけ

マルチーズのしつけ

小型犬であるマルチーズは性格から考えても、しっかりと社会性を身に付けさせることが大切です。本来、頭が良く従順なマルチーズですから、小さいうちからしっかりとしつけをしておきましょう。

遊び好きな性格が影響して、要求吠えをすることがあります。また、飼い主さんへの依存傾向が強いと分離不安により吠えたり、警戒心が強くなり攻撃的になったりすることもあります。

小さく可愛らしいので、ついつい甘やかしてしまいたくなりますが、甘やかしすぎると問題行動の原因となるので注意が必要です。

マルチーズは叱るより褒めてしつけると良い犬種です。穏やかな気持ちで根気強く愛犬と向き合いましょう。

マルチーズに多い病気

病院

外耳炎

マルチーズに多い病気が外耳炎です。マルチーズの耳は垂れていて蒸れやすい耳をしています。そのため、外耳炎を起こすリスクが高いのです。

耳の奥の方まで自宅で掃除したりケアしたりするのは難しいもの。自宅でのケアは、時には悪化させてしまうこともあります。被毛のお手入れも必要な犬種ですので、こまめにトリミングサロンにお願いしましょう。

僧帽弁閉鎖不全、心疾患

マルチーズやチワワなどの小型犬に、よくみられる病気が心疾患です。中でも僧帽弁閉鎖不全という心臓病がとても多いもの。

これは、僧帽弁という弁がうまく機能せず、血流が逆流してしまう病気です。症状は咳や呼吸困難。完治する病気ではないので、このような症状がみられたら早めに動物病院を受診しましょう。

膝蓋骨脱臼

膝蓋骨脱臼は、小型犬に多い足の疾患。膝蓋骨、いわゆる膝のお皿といわれる部分が元ある位置からずれてしまう病気です。

膝蓋骨脱臼にはグレードがあり、自然にまた元ある位置に戻っているものから完全にはずれっぱなしになってしまうものまであります。

軽度の場合は飼い主さんが気づいていないこともあるでしょう。時々、「キャン!」と鳴いたり、足の動かし方が不自然な場合にはこの膝蓋骨脱臼を疑う必要もあります。

涙ヤケ

マルチーズの特徴である真っ白な被毛には特に目立つ涙ヤケ。鼻涙管が詰まり、涙が流れにくくなることで目から溢れだし、涙ヤケを起こします。

軽度の場合はそれほど症状があるものではありませんが、やはりマルチーズの長所とも言える白い被毛を綺麗に保ちたいものですよね。

食事内容の見直しによって改善されることもあるので、気になる方は動物病院で相談してみましょう。

マルチーズについてまとめ

ふわふわとしたぬいぐるみのような愛らしい見た目と、飼いやすい性格で人気のマルチーズ。穏やかで愛情深く、パートナーにはぴったりの犬種です。

ですが、小型犬ならではの特徴も持っていますので、しつけやケアは非常に大切です。愛情をかけてあげた分だけ返してくれる犬種ですので、家族として大切に育ててあげてくださいね。

マルチーズはいい子じゃ。飼いやすそうじゃな。初心者にはおすすめじゃな。

そうね。マルチーズのミックスもすごい人気だわ。マルプーとかおすすめだわ。

トイプードルじゃな。トイプードルの血が多い方がおすすめじゃ。

愛犬推しばかりしないの。どっちもかわいいわ。