腸内環境を整えたい小型犬におすすめのドッグフード3選

ドッグフード

こんにちは。動物看護師のチョコです。ご訪問ありがとうございます。

今回は「腸内環境を整えたい小型犬におすすめのドッグフード3選」についてじゃ。しっかり学んでいっとくれ。

気温の変化や、ストレスなどですぐにお腹を壊してしまいやすい小型犬。腸内環境は便の状態だけでなく、体調にも大きな影響を与えます。

愛犬がすぐにお腹を壊したり、下痢をしたりと悩む飼い主さんも多いものです。ドッグフードでケアできるのであれば嬉しいですよね。そこで今回は、腸内環境を整えたい小型犬におすすめのドッグフードをご紹介します。

小型犬の腸内環境

小型犬の腸内環境も人と同じです。腸内には腸内細菌と呼ばれる細菌が住んでいます。腸は、栄養を吸収し、不要な物を排泄する役割を担っているイメージが強いですが、そのことから重要な免疫機能も司っている器官です。

腸内細菌は、良い効果をもたらしてくれる善玉菌、増えると体調に支障をきたす悪玉菌、普段は大人しくしていて体調が悪くなると腸内で悪い働きをする日和見菌の3つに分類されます。

そしてこの悪玉菌が増加すると、免疫力が低下してしまうのです。免疫力が低下すると下痢や便秘などといった、お腹の健康とは関係のなさそうな病気にも掛かりやすくなります。

「全ての病気は腸から」と言われることもあるほどに、腸内環境と健康には強い結びつきがあります。そのため、健康維持や健康促進のためには、腸内で善玉菌を優位にしておく必要があります。

小型犬の腸内環境が悪化すると

腸内環境が悪化するみられる症状

  • 便が緩くなる
  • 下痢をする
  • 便が臭い
  • 毛並みが悪い
  • 体調を崩しやすい
  • 皮膚炎

そのほかにも、免疫力の低下から実に様々な病気に掛かりやすくなってしまいます。通常であれば跳ねのけられる菌にも体が負けやすくなってしまうのです。

小型犬の腸内環境が乱れる原因

小型犬は特に、環境や気温などの些細な変化ですぐにお腹を壊しやすいものです。では、腸内環境が乱れる原因とは一体何でしょうか。

POINT

  • 加齢
  • ストレス
  • 栄養バランスの悪い食事

加齢

腸内細菌のバランスは年齢によって変化してくるとされています。特に加齢によって善玉菌は減少していく傾向があり、高齢になってくるとよりケアしてあげる必要が出てくるでしょう。

加齢はある程度は仕方なく、抑えることができない部分でもありますので、その他の2点からケアしてあげたいものですね。

ストレス

ストレスによっても腸内環境は乱れます。犬は話すことができません。そのため、飼い主さんが愛犬の受けているストレスに気付きにくいことがあります。

また、思ってもいなかったことでストレスを受けているケースも。散歩の量が少ない、留守番の時間が増えた、飼い主さんとのコミュニケーション不足、近所の騒音、雷など実に様々なものからストレスを受けている可能性があるのです。

普段から愛犬の様子をよく観察し、何か変わった様子やサインが出ていないか気にかけてあげましょう。

栄養バランスの悪い食事

食事の栄養バランスは腸内環境に大きな影響を与えます。添加物の多い食事は、腸内環境を乱す原因となります。

また、消化の悪い原材料を使用しているドッグフードも良くありません。犬にとって穀物は種類によっては消化のしにくいものです。安価なドッグフードは犬にとって消化しにくい穀物を主原料とし、かさ増ししています。

そのようなドッグフードを与え続けていると未消化物が腸内で増え、結果、悪玉菌が増殖してしまいます。

一方で、食物繊維やオリゴ糖など、善玉菌にとって必要な栄養素は炭水化物などの穀物から摂取できます。そのため、穀物不使用のグレインフリードッグフードが必ずしも良いとは限りません。

穀物アレルギーを持っていない犬であれば、消化しやすい穀物を使用しているドッグフードや、穀物に含まれる栄養成分を補える原材料を使用しているものの方が腸内環境を整えてくれることもあります。

小型犬の腸内環境を整えるメリット

腸内環境を整えてあげると犬にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。

便の改善

下痢や便秘など、腸内環境が整っていないと良い便が出ないことが多いものです。悪玉菌が増えると、そこから出る有害物質も増え、普段からよく下痢や軟便を起こす原因となります。

また、便秘は腸内細菌の栄養となる食物繊維などの不足から起こっているケースもあるでしょう。腸内環境を整えてあげることで、これらの便の状態が改善されます。

皮膚や毛並みが良くなる

人も腸内環境が乱れると肌荒れを起こすように、犬も皮膚や毛並みが悪くなってしまいます。腸内の善玉菌を増やし、腸内環境が良くなることで皮膚や毛並みが良くなり、若々しい見た目を維持することができるでしょう。

免疫力向上

腸内細菌の善玉菌であるビフィズス菌などには免疫力を高めるという効果があります。そのため、善玉菌が優位な腸内環境になると、お腹の健康とは関係のない皮膚や毛並みの改善や、病気をはねつける力が付きます。結果、より長く健康でいられることができるのです

小型犬の腸内環境を整える栄養素

では、愛犬の腸内環境を整えるためにはどのような栄養素を与えてあげれば良いのでしょうか。

食物繊維、オリゴ糖(プレバイオティクス)

食物繊維やオリゴ糖などはプレバイオティクスと呼ばれ、腸内の善玉菌のエサになる栄養素です。これらを摂取することで、善玉菌を増やしたり活動を助けたりすることができます。

食物繊維やオリゴ糖は、バナナ、リンゴ、キウイ、カボチャ、芋類などの野菜やくだものから摂取することができます。

酵素

食べ物に含まれる酵素は、消化や吸収を助け、新陳代謝を活発にしてくれるものです。酵素は熱に弱いという性質を持っているため、加熱されたドッグフードからはなかなか摂取しにくいもの。その点から、愛犬の食事の調理法にも気を配れると良いですね。

乳酸菌(プロバイオティクス)

乳酸菌はビフィズス菌やガセリ菌といった発酵食品などに含まれる善玉菌です。悪玉菌の増殖を防いだり、有害な物資を排出する手助けをしてくれます。

ヨーグルトなどの発酵食品から摂取することができますが、犬に人用のヨーグルトを与えるときには注意が必要。犬には牛乳に含まれるラクトースと呼ばれる乳糖を分解できない体質の犬もいます。

その場合、お腹を壊してしまうケースもありますが、ヨーグルトの場合はある程度乳糖が分解されているので、牛乳ほどお腹を壊すリスクはありません。ですが、初めて与えるときには少量を与えてみて、問題がないようでしたら少しずつ増やしてみましょう。

ただし、喜ぶからとたくさん与えすぎては良くありません。体重5kg程度の小型犬であれば、1日に小さじ2杯くらいまでが適量です。また、無糖・生乳100%のヨーグルトを与えるようにしてあげてくださいね。

腸内環境を整えたい小型犬におすすめのドッグフード

サプリメントを与えたり、いつもの食事にトッピングしたりすることで、腸内環境を整えてくれる食材を摂り入れることもできます。

ですが、ドッグフードだけで補えれば飼い主さんの負担も減り、楽にケアすることができますよね。そこで、腸内環境を整えたい小型犬におすすめのドッグフードをご紹介します。

ナチュロル

「ナチュロル」は犬の健康を第一に考え、良質な材料を使用している高級プレミアムドッグフードです。原材料に新鮮で良質な生肉を55%も使用。

グルテン、グレインフリーで添加物も一切使用していません。国産のため品質や風味に劣化がなく、愛犬の食いつきも良いと評判のフードです。

低温調理されているので、乳酸菌や酵素が破壊されておらず、生きたままお腹に届きます。また、良質な動物性たんぱく質を豊富に含んでいるので、犬にとって消化吸収しやすい食事です。

サツマイモやリンゴが配合されているので、食物繊維やビタミンもしっかり摂れ、腸内環境を整えたい愛犬におすすめのドッグフードとなっています。

いぬはぐ

「いぬはぐ」は腸内環境を考えて作られているドッグフードです。腸内の善玉菌である乳酸菌を配合し、その乳酸菌のエサとなるオリゴ糖も配合することで、さらに腸内細菌のバランスを整えてくれます。

また、愛犬の元気な体づくりをサポートするため、タンパク質の源であるアミノ酸や、免疫力を向上させるEPA、DHAも配合されています。グルコサミンやコンドロイチンも含まれているので、関節などが気になる小型犬にもおすすめです。

「いぬはぐ」はグレインフリーのドッグフードではありませんが、グルテンフリーで小麦は使用されていません。良質な穀物を使用し、食物繊維を摂取できるよう作られています。

添加物不使用、安心・安全な原材料を使ったヒューマングレードのドッグフードですので、愛犬に安心して与えることができます。

モグワン

モグワンはグルメな小型犬でも喜んで食いつくと人気のドッグフード。添加物不使用、グレインフリー、動物性タンパク質を50%以上も含んでいる良質なプレミアムドッグフードです。

原材料には穀物を使用せず、犬にとって消化しやすい動物性タンパク質を豊富に使用しているので、腸内の未消化物による悪玉菌の増加を抑えることができます。

また、原材料にはリンゴやカボチャなど食物繊維が豊富な食材が含まれているので、穀物を使用していなくても食物繊維を摂取できます。積極的に摂りたい必須脂肪酸である、EPAやDHAも配合されているので、愛犬の健康を考えて作られたドッグフードと言えるでしょう。

小型犬の腸内環境についてまとめ

下痢や軟便など、お腹のトラブルを抱えていなくても、腸内環境が整うと免疫力がアップし、皮膚や毛並みも良くなります。愛犬がより長く健康でいるためには、腸内環境を整えてあげることが大切です。

食事の見直しはもちろん、ストレスのない生活を過ごさせてあげることも飼い主さんの大切な役目。愛犬の様子をよく観察し、体も心も健康的な生活を送らせてあげてくださいね。