犬にとって危険な食べ物はどんなもの?

犬の疑問

今回は犬にとって危険な食べ物についてじゃ。

チョコレートやネギなんかは知っている人も多いけど、あまり知られていない食べ物も紹介するわ。

そうじゃな。今回は危険になる食べ物や危険になるかもしれない食べ物も紹介してみるぞい。チョコ、君の名前もダメな食べ物じゃな。

そうなの。悲しいわ。

最近では愛犬のために手作りご飯を作る飼い主さんも増え、犬が人間の食べものを食べる機会が増えました。

しかし人間にとって栄養満点の食材であっても、必ずしも犬にとって安全であるとは言い切れず犬が食べると危険な食べ物も数多くあります。

今回は、犬に危険な食べ物について幅広くご紹介致します。手作りご飯を作っている飼い主さんや人間の食べものを与える機会が多い飼い主さんは是非参考にしてください。

犬にとって危険な食べ物

チョコレート

危険な食べ物チョコレート

チョコレートやココアをはじめとするカカオ(常緑樹)が入った食べ物は、犬が食べてしまうと死に至る危険性があります。

チョコレートなどには「テオブロミン」と呼ばれる有毒成分が含まれていますが、人間の場合はこの成分を体内で代謝することができます。

対して、犬の場合は人間に比べて「テオブロミン」を体内で代謝するために時間がかかり、成分が体内に留まる時間が長くなることから体の毒性量が増加して、痙攣や内臓内の出血、心臓発作や不整脈の原因となります。

ぶどう

危険な食べ物ぶどう

犬にとってぶどうや干しぶどうは中毒症状が現れやすく、最悪の場合は死亡する危険性があります。

犬がぶどうや干しぶどうを食べた場合、犬の体重や食べた量によっても異なりますが腎機能障害が引き起こされて急性腎不全になるという報告が挙げられており、犬が死んでしまった例も数多くあります。

ネギ類

危険な食べ物ネギ

長ネギや玉ネギ、ニラなどのネギ類全般は犬にとって非常に危険な食べ物で、少量であっても犬の体に害を及ぼす危険性があります。

ネギ類には「n-プロピルジスルファイド」「アリルプロピルジスルファイド」と呼ばれる成分が含まれますが、この物質が犬の赤血球内にある脂質膜という薄い膜に危害を与え、犬がネギ類を食べると溶血性貧血が引き起こされたり、犬の尿内にヘモグロビンが現れたりして(血色素尿)、最悪の場合は犬が死んでしまうことがあります。

場合によっては危険になりうる食べ物

アボカド

アボガド

アボカドについては専門家によって見解が異なり犬の栄養源となると考える人もいます。

しかしながら、しっかりと熟していない状態のアボカドと特定の品種のアボカドに関しては「ペルシン」と呼ばれる中毒成分が多く含まれていることから犬にとっては危険性があるので、与えないに越したことはない食べ物です。

「ペルシン」とは、殺菌作用が期待できる成分ですが毒素が含まれており、重度の中毒症状が引き起こされる可能性があります。

「ペルシン」を犬が摂取した場合は嘔吐下痢をはじめとする消化器系症状が主に現れやすいと言われています。

日本で主に流通されているグアテマラ種のアボカドには、この毒素である「ペルシン」が多く含まれているので注意しましょう。

生魚

生魚

生魚については新鮮な物をたまに与える程度であれば問題ありませんが、毎日のように継続的に与えると犬の体内の栄養素であるビタミンB1(チアミン)の欠乏症が引き起こされることがあります。

生魚の中にはたくさんの酵素が含まれていますが、この酵素がビタミンB1(チアミン)を分解してしまいます。

魚は加熱することによって酵素が減るため継続的に犬に与えたい場合は、加熱してから与えることをおすすめします。

卵の白身

たまごの白身

卵の白身部分には「アビジン」と呼ばれる成分が入っていますが、この成分はビタミンB7、Hの栄養素吸収の妨げとなるので、生の白身は与えないようにしましょう。

実際にはごくたまに与える場合はそれほど犬の健康に悪影響を与えませんが、継続して与えることは避けましょう。

どうしても白身を与えたい場合は、加熱して「アビジン」がビタミンB7、H吸収を阻害しないように考慮する必要があります。

アブラナ科野菜

ブロッコリー

ブロッコリーやキャベツ、カリフラワーやカブなどのアブラナ科の野菜は犬にとって栄養価の高い食べ物ですが、甲状腺疾患がある犬の場合は避けた方が良い食べ物です。

犬の甲状腺は一般的にはミネラルであるヨウ素を利用することでホルモンを作り出していますが、アブラナ科の食べものはこのヨウ素の吸収の妨げとなります。

乳製品

牛乳

牛乳などの乳製品には成犬が消化できない乳糖(ラクトース)と呼ばれる成分が多く含まれているため、犬に与えると乳糖不耐症によって下痢や嘔吐を引き起こすことがあります。

よくヨーグルトやヤギミルクを犬に与える飼い主さんがいますが、ヨーグルトの場合は乳酸菌が多く含まれているため乳糖を部分的に分解してくれます。

そのため、牛乳よりも乳糖不耐症になる確率が非常に低いと言われています。

また、ヤギミルクについては牛乳とは異なり犬が消化しやすく、母乳に近い成分であるため犬が飲んでも下痢や嘔吐が引き起こされにくい仕組みになっています。

青魚の内臓

青魚の内臓や頭部分には犬にとって有害となる重金属が含まれている可能性があるので、青魚を与える際はこれらの部位をしっかりと取り除きましょう。

ほうれん草

ほうれん草

ほうれん草については栄養価が非常に高く犬に与えている飼い主さんも多くいますが、しっかりと下処理をして与えましょう。

ほうれん草にはシュウ酸が多く含まれており、犬に継続的に与えるとシュウ酸カルシウム尿石症の原因になります。

ほうれん草は茹でてからあく抜きをするとシュウ酸の含有量が減るので、犬に与える場合はしっかりと下処理を行いましょう。

意外に知られていない犬に危険な食べ物

砂糖

砂糖

砂糖は犬にとって糖分が多すぎるため肥満や糖尿病の原因になります。実はそれだけでなく、砂糖を犬に与えるとカルシウムやビタミンB1の欠乏症を引き起こす要因となります。

カフェイン

カフェイン

コーヒーやお茶類に含まれるカフェインは、犬にとって中毒症状を引き起こす要因となり最悪の場合は窒息する危険性があるので与えないようにしましょう。

ラッキョウ

らっきょう

ラッキョウには犬にとって中毒成分である「有機チオ硫酸化物」が含まれているので、与えた場合は体内の赤血球を破壊する危険性があり、それに伴い溶結性貧血を起こす危険性があります。

継続的に与えたり大量に与えたりした場合は、赤血球の破壊のみならず高カルシウム血症により命を落とす危険性があります。

野菜のヘタや芽

全ての野菜ではありませんが、ナスやトマトのヘタとジャガイモの芽には「ソラニン」と呼ばれる成分が入っているため、犬が中毒症状を引き起こす原因になります。

ジャガイモの芽については「ソラニン」という成分以外にも「チャコニン」と呼ばれる毒素が含まれており、これらの天然毒素を犬が摂取すると下痢や嘔吐の原因になります。

唐辛子などの香辛料

とうがらし

唐辛子などの香辛料は、少量であっても犬にとっては刺激が強すぎるため与えないようにしましょう。

香辛料は胃腸を刺激しやすく犬に与えると下痢や嘔吐を引き起こす可能性があり、その他にも消化や吸収しにくいことから腎臓や肝臓にも負担をかけてしまいます。

鶏の骨

鶏の骨

鶏の骨には犬にとっての中毒成分などは含まれていませんが、他の動物の骨と違って加熱すると縦に裂けるという性質を持っています。

骨が縦に裂けると先端部分が非常に鋭くなるため、犬の喉だけでなく消化器官全体を傷つけてしまう危険性があるので絶対に与えないようにしましょう。

犬に危険な食べ物まとめ

犬に危険な食べ物について幅広くご紹介致しましたが、犬の状態や体重、食べてしまった量によってもそれらの危険度は異なります。

多くの場合は初期症状として嘔吐や下痢が確認されていますので、危険な食べ物を万が一食べてしまって少しでも異変が現れたら早急に動物病院で診てもらいましょう。

これらの食べものを大量に食べてしまった場合については、死に至るケースもあるので症状問わずに時間外診療を行っている動物病院に電話をして早急に獣医師の判断を仰ぐことをおすすめします。

最後に説明した通り、食べてしまっても少しでも早く病院に行くこと。忘れないでください。

その通りじゃ。食べてしまったものは仕方がないが人間の食事中には犬が近くにこれないように対策したり、人間の食事後はしっかりと床に落ちてないかチェックが必要じゃぞ。

そうね。これは飼い主さんが一番気をつけなければならない点だわ。